始めたのは冷やし中華か、それとも。

始めたのはカナダグース。

今年はもちろんここ数年間、真夏に片足突っ込み始めたこの時期に発売を開始してきた。早くね?と思う方も多いだろうが、店頭で様子を見てる限りそんなことは決してない。多くの方々が求めている。

ここから聞き飽きてることを書くけれどー、今や洋服に季節感はあまり気にしなくていいコトになりつつある気がする。例えば真夏にダウンやレザーとかツイードの何か、さらに真冬にはTeeシャツやタンクトップとかサンダルとかが店頭に並んでたり、またそれらを身に付けててもこの先まるで違和感は無くなるだろう。服が売れないと叫ばれているのは単に売れないモノの大半がお客さんに"刺さっていない"からだ。お客さんに刺されば前述したモノだっていつでも売れるハズだから。

昔ほどではないが洋服の需要は感じるが優先順位は確かにさほど高くない。さらに中途半端なモノはまるで通用しないし、モノを買うための選択肢も掃いて捨てるほどある。だからこそ、いま洋服屋に求められているのはライフスタイルとかいうよくわからんカテゴライズやテイストでは決してないと、カナダグースの売れ行きを見てると強く思う。

餅は餅屋で服は服屋。スゲー服を売り出せば、きっとみんな多少高くても買いに来る。お客さんが欲しがるであろう、さらには店頭で営業しているスタッフがアツくなる何かを発売したり仕入れるかは、各々しのぎを削れば良い。1番難しいことを他人事のように言うようだけれど、必要なのはホントそれだけだと思う。

 

肝心の発売間もないカナダグース。相変わらずスゲー人気なんで、何年も買い逃してる方はもちろん、気になって仕方のない方は今年こそ早めに動いてほしい。迷ってたり余裕ブッこいてる間に在庫が無くなって、"だから言ったじゃん!"て顔される前に。

 

f:id:hynm_hayakawa:20160720204754j:image