読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネタが優しいからか、文章にまるでキレがない。

大阪は東京よりも暖かいようで、「ひょっとして過ごしやすいのか?」と思っていましたが、甘かった。やはり冬は寒い。 1年はあっという間ですね。

我々ファッション業、特に店頭に立つ方々は、そりゃあもう手を使うので、前回のデニムの件でも書いたように、髪や服にだけ気を配ってりゃいいってもんでもなく。どんな仕事でも同じですが、気を抜けないワケなんです。

僕は指がささくれたりしやすいので、昔っからハンドクリームは欠かせません。ささくれた指では極力洋服を持ちたくないですし、やむを得ずヒビ割れた箇所に絆創膏貼ってってのも、違和感満載なので。

 

 

そこで、いま使っているのがコイツ。

f:id:hynm_hayakawa:20151209185637j:plain
Barr-Co. / Hand & Body Cream

ちょっと読みづらいけど、古めかしいパッケージが興味をそそるBarr-Co.(バーコー)のクリーム。全身に使えるようですが、僕はハンドクリームとして使ってます。
バニラとミルクがブレンドされた香りが優しく、ちょっぴりエッチ!(エロい。ではなく、エッチ。このニュアンスをわかってほしい。) そこが個人的にはツボ。
もちろん保湿性もあって、使えば十分にしっとり。香りが気に入ってるだけあって使うと気分が良くなります。
”香り”は、好みがはっきり分かれるのでプレゼントにはちょっと難しく思いますが、イイ香りだな!と思う方にはご自身用としておススメ。

定かではありませんが、最近はメンズのスキンケアが当たり前のようで。全身じゃなくても、せめて手だけなら師匠も走る忙しい月に突入したといえど、誰でもかまけることなく簡単に出来るのでは。肌がキレイだから、ほのかにいい香りがするからといって、損するってことは無く、むしろ得することが多いんじゃないかと。

 

 

 

https://www.instagram.com/p/-3WLc-rBO6/

 

大阪は美味しいカレー屋が多すぎて本当に困る。

有名すぎるお店ではありますが、”スパイス”とはまた違うカレールーの旨味を体験したいのであれば是非ココへ。食前と食後では、価格へのイメージもまるで変わるのではないかと。

 

ココのカレールーとBarr-Co.のクリーム、どちらも優しいですよ。ってことで。 

ではまた。