読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「男クサい」と「臭い(クサい)」は、ご存知の通り全くの別物だ。

OTHERS コラム・エッセイ

前回からの流れというワケではないですが、ふと思い立ったことがありまして。
洋服に関して色々なことを教えられた人にありがちなんでしょうが、それは”デニムパンツにヒゲを残すためには「決して洗わない」という暗黙のルール”みたいなものが存在していた(未だに存在してる?)なぁ、と。

で、自分の場合。載せたデニムを最後に洗ったのはいつだっけ?と遡ってみましたが、、、全く思い出せないのでコレ幸いとフリークス ストアで買った(扱い店舗は限られてます)”Laundress”を使って洗ってみました。しかもここぞとばかりに手持ちのデニムを全部。

 

 

f:id:hynm_hayakawa:20151128123308j:plain

デッドストックということもあるんでしょうけれど、コイツが極め付け。これは酷い、本当にヒドイ。なぜ水の色がオレンジなのか。なぜなんだ。

と、”目を丸くする”とはこのことくらいビックリするぐらい汚れているのがデニムのようです。。。洗ってよかった。
(ちなみにやり方ですが、洗面台で60℃くらいのちょい熱湯にLaundressのデニムウォッシュを使ってつけ置きます。上みたいな酷いヤツには重曹もプラスして。それから何度かすすいで、後は洗濯機で軽い脱水のみ。参考までに。)

 

f:id:hynm_hayakawa:20151128160841j:plain

逆さに干すと重みでシワが伸びます。

洗い上がりは、汚れが落ちたからかインディゴが抜けたからかは定かではないですが、色が明るくなったってカンジ。つまりキレイになったってことですね。

 

ただ、劇的に変化したのはニオイ。

 

髪や身体、身に着けるモノにはあれだけ気を配っていたのに、ローテーションとはいえ毎日はく、タフの代名詞でワークウェアが出自のデニムに気を配っていなかったというのは盲点。インディゴのニオイかと思っていた香りは、ただクサかっただけ。残念な勘違い。

 

これを読んで、身に覚えがある方!是非デニムを洗濯してみてください。笑っちゃうくらい汚いですよw

ってか、洗うの当たり前!!

 

 

 

f:id:hynm_hayakawa:20151125235533j:plain

”粉モノの街”大阪。
お好み焼き・たこ焼き・うどん・焼きそばといった粉モノはどれもメッチャ旨いけれど、実はお出汁も東京とはまるでちがってかなり旨い。

そんなお出汁で焼いた たこ焼きは侮るなかれ。ココんちのは1人で50個は食べれます。

 

ではまた。