読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シェアラブルな服が台頭する日は近いのか。

Selfie ちりちりチョイス FREAK'S STORE

久しぶりに自ら襟をカットオフしたバンドカラーシャツを着て出社しましたが、どうもしっくりこない。。。。

この「どうもしっくりこない」は、多くの洋服屋がかかってしまう病のようなもの。たまに出る症状の対処策は、「一日悶々と堪える」ことで抑えるか、処方箋として「何か買う」かの二者択一しかないというのがタチ悪い。

 

 

 

f:id:hynm_hayakawa:20150609211944j:plain

で、お察しの通り症状を処方箋で押さえました。処方箋の内容は”Calcru”のポケTEE。その名の通り、カリフォルニア生まれのニクいヤツ。ですが陽気な日差しはまるで感じないぜ!

 

 

 

f:id:hynm_hayakawa:20150609212103j:plain

ただのポケTEEではなくドロップショルダー。そうくれば間違いなくセットになっている身幅広めのボックスシルエットは、ちょっとしたAライン風シルエットとドレープ感が生まれて何だか新しい!

EGみたいなブランドを除いて、ちゃんと今の気分をディティールで取り入れているようなアメリカ物ってなかなか無いんじゃないかな? 僕はインナーの裾がイイ具合に出てるね!ってくらいのほんのりレイヤードを楽しみたいと思ったので、あえて小さいサイズを選びました。ちなみにこのサイズ感は女の子も着れますよ!

TEEシャツで気分が上がったのは先日紹介したブラウジングが効いてるGoodwear以来。以来って言っても、先々週くらいだった? まぁいいか。

 

TEEシャツとは言え、サイズチョイスによってはよりウィメンズアイテムに見えてもおかしくない一着。例えばこのTEEにワイドパンツやオーバーサイズ気味のヴィンテージデニムなんかと合わせたりすれば、より一層今日的に仕上がります。お店でもこのTEEはかなり動きが早いという現状を踏まえると、シェアラブルな服がメインストリームになる日はそう遠くなさそうな気がします。

 

リアルクローズばかりのファッションはもうお腹いっぱい!かも。

ではまた。