読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"野暮ったい"が帰ってきた!

ちりちりチョイス

ワークパンツ熱が去年の秋くらいからジワジワと。いま着ている服に飽きてるってのが1番の理由で、またお店やメディアでもチラホラ目にするようになって拍車が掛かり。

勤めてるお店ではなかなかお気に入りが見つからないので悶々としてたんですが、ついに先日コレを発見。
 
 
 
f:id:hynm_hayakawa:20160322134352j:plain
Dickies Construct / 874
 
"現代的なシルエットとカラーリングを落とし込んだ新ライン"らしいけど、こんなんあったんですね、知らんかった。
 
股上深めでテーパードが効いたカッティングに生地の厚さも重なって、まさに"野暮ったい"感じ。裾は巾3.5cmのダブルでしたが、ワンクッションくらいで履くのが気分なんでタタキにお直し。コレにスケシューを合わせれば90sスケータースタイルが完成!いまの気分ど真ん中!
 
正直カッコいいパンツでは無いからこそいま履きたい。似たパンツで言うと、Levi'sのシルバータブ。それを細くしたっぽい感じ、かな? だから僕くらいの年齢には懐かしい、若い方には面白いと思える1本かと。
 
"野暮ったい"が、ついに帰ってきた。
 
 
 
 
https://www.instagram.com/p/BCPgW6vLBDc/
ココ以上に美味いトンカツを未だ僕は知らないー。
お店は大阪市内の中心からは若干遠く、予約しないと入れません。しかも予約は記帳スタイルなんで1度訪問する必要あり。。。ただ、そうしてまでも食べて良かった!と間違いなく思えます。マジで、マジで美味い!
 
 
ではまた!
 
 
 

一期一会とは、まさにこのこと。

FREAK'S STORE ちりちりチョイス

一目見たときから「イイじゃーん!」って思ってたヤツがいます。

でも、「まぁ、そのうちBlogに書けばいいか。」って余裕かましてお休みに入って数日後に久々に出勤したら、在庫がほとんど無くなっててビックリ。

なのでご紹介しますw

 

f:id:hynm_hayakawa:20160312201331j:plain

少し前ですがhouyhnhnmさんでも特集を組んだこともあるこのブランド。

”切りっぱなし”や”リメイク”は今すごくHOTなディティール。しかしココはその先駆け的な存在で、話題になる前からやってますよね。「それっぽく」作るんじゃなくて、プロらしく「ディティールもしっかりデザインとして」魅せることの並々ならぬこだわりを感じます。だからカッコイイ。そういうのは、すごく伝わる。

そんなブランドに別注をかけたとなれば、なおさらカッコ良さが伝わります。

 

 

 

f:id:hynm_hayakawa:20160312201223j:plain
f:id:hynm_hayakawa:20160312201305j:plain
Rebuild by Needles / 別注7Panel Rock Tee

キターっ!!

「最近なんかロックTee気にならない?イイよねー。」

なーんてバイヤー達と話してたのが1年経たないくらい前でしょうか。まさかこんな形にするとは!やるな!!

ベースにしているアーティストは、RUSH, LED-ZEPPELIN, BEATLES, PINK FLOYD, RED HOT CHILL PEPPERS. の全5アーティストらしいんですけどもっとあるかも。

”Rebuild...”だけあってどんなデザインのTEEを使っているか全貌はわからず、僕が立っている店頭分の在庫は画像の2枚のみということもあって、正直紹介しきれません。

どれも1点モノということもあり、気に入ったら即買いが基本のブランドですが、このTEEにはさらなる決断の早さが求められます。「うーん、どうしよう。」なんて迷いは、間違いなく後悔につながります。ちょっと考えてる隙に無くなるから。

 

自分好みの1枚が存在するか?は、もう自分の足で探す以外に術はありません。一期一会とはまさにこのこと。ネットショッピングはとっても便利ですけど、お店にわざわざ足を運ぶ楽しさ、ドキドキ感みたいな気持ちを、この別注TEEシャツが思い出させてくれたりするかも。

 

 

 

https://www.instagram.com/p/BCudZTXrBLN/

西日本スポット紹介番外編。

画像は、世界遺産白川郷(岐阜)

先週冬休みいただいて、西日本~北陸地方をあてもなく車で旅してきました。総移動距離1450km。楽しかったー!

旅の感想はただ一言、「素晴らしきかな、日本!」これに尽きます。

 

 

ではまた!

2度あることは3度ある。

Selfie Information
f:id:hynm_hayakawa:20160227220030j:image
 
f:id:hynm_hayakawa:20160227220032j:image
 
f:id:hynm_hayakawa:20160227220136j:image
Photo: Yuji Nakata
↓See more pics in my Instagram


ちょっと前から気付いてた方もいるかと思いますが、先日”つやつや”から、再び”ちりちり”に。
髪型の浸透度と、それがいかにトレードマークなのかは、大阪に住むようになってから感じさせてくれる機会が凄く多い。ありがたいことです🙏🏻🙏🏻🙏🏻
 
以前も「飽きた」とか言っていきなりボウズになったりしては、髪型戻してたりしてましたね。ココで同じようなこと書いてますしw だから何かのタイミングでまたガラっと変わるかも。
 
でもやはり僕はコレ。アフロ。
シックリ来る、そうみなさんも思いますよね?
 
 
ではまた!
 
 

こんなハズではなかったんだが。

ちりちりチョイス

気になるベレーが、しかもニットベレーが入ってきた!

興味がある目新しいモノってのは、試したくなるってものですよね?

 
f:id:hynm_hayakawa:20160224200831j:plain
 
Leuchtfeuer / Hooge
ロイフトフォイヤーと読む(難しい)。50年以上続くニットメーカーでドイツ製。コットン×アクリル素材で春夏らしく柔らかくて軽やか。男でも女でも気楽にかぶれてアレンジ自在。これこそ最近よく聞く”ジェンダーレス”アイテム!
 
前にも書きましたが、アメリカ製のアクリルワッチとかそういうのって、何故だか好きじゃないですか。つまりはヨーロッパ版のソレってことでしょうか。
 
食指が伸びるということで、買いました。
オチはお察しの通りこうなるんですがw

 

 

 

 

f:id:hynm_hayakawa:20160205191005j:plain

同僚に連れられ、玉造のココへ。

詳しくは知らないんですが、好きな方の間ではかなり有名なトコなんですよね?そんな予備知識ナシの訪問でしたが、スープも麺もご飯も、とにかく「旨い」しか言葉が当てはまらないし、それ以外に最適な言葉が思いつかなかった。

”中華そば+チャーハン”セット最強。考える機能を奪うくらい無敵の旨さ。

 

 

ではまた!

 

 

 

The Cinder Cone / Foster Huntington

FREAK'S STORE Information
ちょうど1年前くらいの投稿ながら、未だに根強いアクセスが続くこのブログ。
 
 
記憶に新しいこの傑作写真集に次ぐ第2弾は、その名も"The Cinder Cone"。
 

f:id:hynm_hayakawa:20160206142536j:plain

 
自身がポートランドに購入した敷地内に建設したツリーハウスや、スケートプールなどを設置する過程が収められています。
 
前回は「旅」というロマンに対して今回は、「秘密基地」という男の子永遠の夢にフォーカス。
とかく彼の暮らしは、モノで溢れた現代へのアンチテーゼのよう。それまでに築いた輝かしいキャリアに嫌気がさし、全て投げ打っただけあって、必要最低限でとってもミニマルに見えます。
小さなことに執着してなかなか捨てられない自分のような人にはこの写真集も羨ましくあり、また「もしこれが自分だったら?」という姿を想像して重ねるとワクワクするんじゃないでしょうか。
洋服ではなく、この写真集のようにエモーショナルに訴えかけてくるモノにお金を使う人が増えるのも納得。という出来栄えかと思います。
 
 
さらに、あれだけ「次は無い」と言っていた"Home is where you park it"も、数冊ですがまさかの同時最入荷。
 
f:id:hynm_hayakawa:20140519131730j:plain
 
血眼になって探していた方も、そうでない方も、コチラも併せて最寄りのフリークス ストアで是非どうぞ。
 
 
 
ではまた!
 
 
 
 
 

 

ジップアップスウェットで、見た目に鮮度を。

ちりちりチョイス
何かと新しいモノが気になるこの時期。
そんななか「コレだっ!」と思ったのがコチラ。
  
https://www.instagram.com/p/BBSIzfhrBM7/
 

Loopwheeler / Zip-up Sweat Shirt

 

↑にもあるように、amiのコレクションルックで個人的に1番印象に残ってるのが、ジップアップアイテムのインナー使い。ジャージかニットか、それともスウェットなのか。何がイイとか、細かいことはどうあれ「コレだ!」と。

スウェットを着るとしても、それがジップアップになるだけでグッと新鮮。ニットも欲しいすな。

 

 

 

f:id:hynm_hayakawa:20160203170518j:image

ソッコーで取り入れて、こんな感じで実践。ま、フツーですね~w

 

こーゆーのを目ざとく見つけ取り込んで、メインストリームにまで昇華出来るのって日本人が1番上手い気がしますが、気のせい?

 

 

 

 

f:id:hynm_hayakawa:20160203175038j:image

そんな話しをするために使いたいミナミのお店―。

どこへ行っても大概が旨いですけど、鍋なら兆治、串ならとり乃。どちらも外れナシ!

 

 

ではまた!

 

やっぱり便利ってこと。

ちりちりチョイス

f:id:hynm_hayakawa:20160122003453j:image

Patagonia / Transport MLC
 
2連休を使って渋谷に来ております。背中にコレを背負って。
 
例え1泊のみでもやはり荷物は付き物。コレは便利だと何かにつけて耳にしますが、いやはや、わかってたつもりが実際に使ってみるのとないのとでは雲泥の差。
 
「背負えるスーツケース」とはこのこと。
 
その容量のあまり、何かと詰め込んじゃうので結果重くなってしまうってのが難点なのかもですが、パッキング慣れしてて、無駄を省けるようになれば便利度合いは頗る上がるかと。そうなれば1週間の旅行くらいコレ1個で十分行ける。
 
結論は「とにかく使える。」
便利ってことに尽きる。
 
 
 
 
f:id:hynm_hayakawa:20160122030815j:image
あんまり扱ってるのを見ない豆のコーヒーなら、ミナミにあるココ!
なのかも。。。
 
 
ではまた!