読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すみくろ

コラム・エッセイ

ある日突然、後輩が疑問をぶつけてきた。それは”色褪せた黒色”についてだ。それは「なぜこんな色になるのか?」ということだったけれど、あまりにも不意だったこともあって呆然となってしまった。我に返って彼を見てもその様子は、その謎を解くのは今しかない!といった前のめりな感じだったので、なんだか無下にも出来なかった。

 

ファッション業界特有かもしれないが、色褪せた黒を“すみくろ”と呼ぶ。漢字では炭黒と書き、文字通り“炭のような色をした黒色”を指す。黒とは言うけれど真っ黒ではなく、光の当たり方よってはチャコールグレーに見えなくもない。例えるなら白髪が多く交じった黒髪をイメージしていただくとわかりやすいかな?いやどうだろう、違うか・・・。どうも上手く言えない。
とにかくそれくらい白っちゃけたような黒色なのだが、その褪せた感じ、今っぽく言うと“フェード感”がすごく魅力的。インスタでも#dopefadeなんてハッシュタグもあるくらいの、そのなんとも言えない色合いに人々は魅了されロマンを感じてしまうのだろう。

 

誰にだって失敗はある。国内のみならず、海外に行った時なんてこれで正しいのかどうかわからないまま物事を進めていくと、失敗どころかとんでもないことになり兼ねない。そう言う僕も何度か海外旅行に行ったことがあるけれど、幸いなことにこれまでに事件や事故は起こっていない。ただ今回、後輩がぶつけてきたその質問の回答は偶然にも海外旅行中に体験していたことにあった。だから答えはバッチリだった。
遡ること社会人1年目の11月、当時語学留学していた後輩を頼って、これから冬に差し掛かろうとするニューヨークで10日間を過ごした。荷物もお金もほとんど無い文字通りの貧乏旅行(ちなみにその頃からすでにあたまちりちり)。その年11月のニューヨークはありえないくらい暑かったようで、冬は目前なのにロングスリーブカットソー1枚でも汗ばむような陽気。そんななか、僕の手持ちの服は黒とグレーのサーマルしかないということもあって余計に暑く感じた。
折角来たのだからもちろん観光であちこち歩き回るし、その気温で着られる服を新調できず手持ちのトップスはサーマルしか無かったので、3日に1回くらいは洗濯がしたくなった。その際は友人宅の近くの殺風景なコインランドリーを利用したけれど、そこはアメリカ・ニューヨーク(ちなみにクイーンズ)。いつ何が起こってもおかしくは無い”Do or Die”のような空気だ。そう考えた僕は、とにかく時間を短縮すべくコインランドリーの機械は“最大・最強”を常に選択。けれどもやはりそこそこ時間はかかってしまった。
設定時間と温度は覚えていないが、洗濯と乾燥を一通り終えタンブラーから出してみると、それまでは漆黒という言葉がぴったりな黒いサーマルが、まるで竜宮城から帰った浦島太郎みたいに見えた。取り出した頃にはかなり年老いていたからだ。いや、むしろミイラみたいにカラッカラに干からびていた。気の毒なほど色褪せて、しかもかなり熱を帯び長くは手で持っていられないし、おまけにサイズも1つ縮んでいた。「もう勘弁してください、マジで。」と、そのサーマルは弱々しくも真っ直ぐ僕に訴えかけていた。そんな出来事に悔しいどころか、アメリカの機械のパワーに感心すると同時に、サーマルに対して何だかかわいそうなことをしていたたまれない気持ちになったのを覚えている。

 

つまり、炭黒は熱を用いれば簡単に完成する。もちろん他にも方法や過程はいろいろあるだろうけれど。後輩の質問に対しては、ちょっと考えりゃあわかりそうなもんだと思った。乾燥機なんて割と身近だし、さらにそれを身を持って答えにたどり着いていることもあって、その時の僕は無敵、スーパーマリオで言うスター状態。余裕綽々。そこでなんとか彼を答えまで導きたいと思った僕は、回りくどく色々なヒントを出したけれど、結果「あ、わかりました。そういう加工ですかね!」という、もっともらしいけれど中身とロマンの欠片さえも無いクソざっくりした答えが後輩から返ってきたとき、己の力量の無さはもちろん、何かを伝えることの難しさと、様々なことを店頭に立ちながらお客様のみならず後進にも教えていく熟練従業員の必要性を痛感した。

 

洋服、とりわけアメリカものは少し着込んだくらいがカッコイイと多くの人が言うけれど、きっと人間も、歳を取って色々と揉まれてすこし枯れたくらいのほうが魅力的、ということなんだろう。

 

 

f:id:hynm_hayakawa:20160619195536j:plain

#Selfie 26

Selfie

このタイトル、何番までいったか覚えてないなー。

それにでぃても最近は、オーバーサイズを着るかレイヤードをしていることが多いですね。

 

最近のインスタ貼っておきます。しかし、この動画アプリ面白いすね!ハマりそう。

 

 

 

https://www.instagram.com/p/BGjxYCjrBNN/

 

 

 

 どうしても色使いがトーン on トーン になってしまうのは最早スタイルとしか言いようがないのでは、と思います。結局は自分の好みですからね、好きだったらファッションはそれで、楽しければいいんです、きっと。

 

さて。次からコラムなんぞを書いてみようかな。なって思っていますが、、、、どうなることなら。

 

ではまた!

"野暮ったい"が帰ってきた!

ちりちりチョイス

ワークパンツ熱が去年の秋くらいからジワジワと。いま着ている服に飽きてるってのが1番の理由で、またお店やメディアでもチラホラ目にするようになって拍車が掛かり。

勤めてるお店ではなかなかお気に入りが見つからないので悶々としてたんですが、ついに先日コレを発見。
 
 
 
f:id:hynm_hayakawa:20160322134352j:plain
Dickies Construct / 874
 
"現代的なシルエットとカラーリングを落とし込んだ新ライン"らしいけど、こんなんあったんですね、知らんかった。
 
股上深めでテーパードが効いたカッティングに生地の厚さも重なって、まさに"野暮ったい"感じ。裾は巾3.5cmのダブルでしたが、ワンクッションくらいで履くのが気分なんでタタキにお直し。コレにスケシューを合わせれば90sスケータースタイルが完成!いまの気分ど真ん中!
 
正直カッコいいパンツでは無いからこそいま履きたい。似たパンツで言うと、Levi'sのシルバータブ。それを細くしたっぽい感じ、かな? だから僕くらいの年齢には懐かしい、若い方には面白いと思える1本かと。
 
"野暮ったい"が、ついに帰ってきた。
 
 
 
 
https://www.instagram.com/p/BCPgW6vLBDc/
ココ以上に美味いトンカツを未だ僕は知らないー。
お店は大阪市内の中心からは若干遠く、予約しないと入れません。しかも予約は記帳スタイルなんで1度訪問する必要あり。。。ただ、そうしてまでも食べて良かった!と間違いなく思えます。マジで、マジで美味い!
 
 
ではまた!
 
 
 

一期一会とは、まさにこのこと。

FREAK'S STORE ちりちりチョイス

一目見たときから「イイじゃーん!」って思ってたヤツがいます。

でも、「まぁ、そのうちBlogに書けばいいか。」って余裕かましてお休みに入って数日後に久々に出勤したら、在庫がほとんど無くなっててビックリ。

なのでご紹介しますw

 

f:id:hynm_hayakawa:20160312201331j:plain

少し前ですがhouyhnhnmさんでも特集を組んだこともあるこのブランド。

”切りっぱなし”や”リメイク”は今すごくHOTなディティール。しかしココはその先駆け的な存在で、話題になる前からやってますよね。「それっぽく」作るんじゃなくて、プロらしく「ディティールもしっかりデザインとして」魅せることの並々ならぬこだわりを感じます。だからカッコイイ。そういうのは、すごく伝わる。

そんなブランドに別注をかけたとなれば、なおさらカッコ良さが伝わります。

 

 

 

f:id:hynm_hayakawa:20160312201223j:plain
f:id:hynm_hayakawa:20160312201305j:plain
Rebuild by Needles / 別注7Panel Rock Tee

キターっ!!

「最近なんかロックTee気にならない?イイよねー。」

なーんてバイヤー達と話してたのが1年経たないくらい前でしょうか。まさかこんな形にするとは!やるな!!

ベースにしているアーティストは、RUSH, LED-ZEPPELIN, BEATLES, PINK FLOYD, RED HOT CHILL PEPPERS. の全5アーティストらしいんですけどもっとあるかも。

”Rebuild...”だけあってどんなデザインのTEEを使っているか全貌はわからず、僕が立っている店頭分の在庫は画像の2枚のみということもあって、正直紹介しきれません。

どれも1点モノということもあり、気に入ったら即買いが基本のブランドですが、このTEEにはさらなる決断の早さが求められます。「うーん、どうしよう。」なんて迷いは、間違いなく後悔につながります。ちょっと考えてる隙に無くなるから。

 

自分好みの1枚が存在するか?は、もう自分の足で探す以外に術はありません。一期一会とはまさにこのこと。ネットショッピングはとっても便利ですけど、お店にわざわざ足を運ぶ楽しさ、ドキドキ感みたいな気持ちを、この別注TEEシャツが思い出させてくれたりするかも。

 

 

 

https://www.instagram.com/p/BCudZTXrBLN/

西日本スポット紹介番外編。

画像は、世界遺産白川郷(岐阜)

先週冬休みいただいて、西日本~北陸地方をあてもなく車で旅してきました。総移動距離1450km。楽しかったー!

旅の感想はただ一言、「素晴らしきかな、日本!」これに尽きます。

 

 

ではまた!

2度あることは3度ある。

Selfie Information
f:id:hynm_hayakawa:20160227220030j:image
 
f:id:hynm_hayakawa:20160227220032j:image
 
f:id:hynm_hayakawa:20160227220136j:image
Photo: Yuji Nakata
↓See more pics in my Instagram


ちょっと前から気付いてた方もいるかと思いますが、先日”つやつや”から、再び”ちりちり”に。
髪型の浸透度と、それがいかにトレードマークなのかは、大阪に住むようになってから感じさせてくれる機会が凄く多い。ありがたいことです🙏🏻🙏🏻🙏🏻
 
以前も「飽きた」とか言っていきなりボウズになったりしては、髪型戻してたりしてましたね。ココで同じようなこと書いてますしw だから何かのタイミングでまたガラっと変わるかも。
 
でもやはり僕はコレ。アフロ。
シックリ来る、そうみなさんも思いますよね?
 
 
ではまた!
 
 

こんなハズではなかったんだが。

ちりちりチョイス

気になるベレーが、しかもニットベレーが入ってきた!

興味がある目新しいモノってのは、試したくなるってものですよね?

 
f:id:hynm_hayakawa:20160224200831j:plain
 
Leuchtfeuer / Hooge
ロイフトフォイヤーと読む(難しい)。50年以上続くニットメーカーでドイツ製。コットン×アクリル素材で春夏らしく柔らかくて軽やか。男でも女でも気楽にかぶれてアレンジ自在。これこそ最近よく聞く”ジェンダーレス”アイテム!
 
前にも書きましたが、アメリカ製のアクリルワッチとかそういうのって、何故だか好きじゃないですか。つまりはヨーロッパ版のソレってことでしょうか。
 
食指が伸びるということで、買いました。
オチはお察しの通りこうなるんですがw

 

 

 

 

f:id:hynm_hayakawa:20160205191005j:plain

同僚に連れられ、玉造のココへ。

詳しくは知らないんですが、好きな方の間ではかなり有名なトコなんですよね?そんな予備知識ナシの訪問でしたが、スープも麺もご飯も、とにかく「旨い」しか言葉が当てはまらないし、それ以外に最適な言葉が思いつかなかった。

”中華そば+チャーハン”セット最強。考える機能を奪うくらい無敵の旨さ。

 

 

ではまた!

 

 

 

The Cinder Cone / Foster Huntington

FREAK'S STORE Information
ちょうど1年前くらいの投稿ながら、未だに根強いアクセスが続くこのブログ。
 
 
記憶に新しいこの傑作写真集に次ぐ第2弾は、その名も"The Cinder Cone"。
 

f:id:hynm_hayakawa:20160206142536j:plain

 
自身がポートランドに購入した敷地内に建設したツリーハウスや、スケートプールなどを設置する過程が収められています。
 
前回は「旅」というロマンに対して今回は、「秘密基地」という男の子永遠の夢にフォーカス。
とかく彼の暮らしは、モノで溢れた現代へのアンチテーゼのよう。それまでに築いた輝かしいキャリアに嫌気がさし、全て投げ打っただけあって、必要最低限でとってもミニマルに見えます。
小さなことに執着してなかなか捨てられない自分のような人にはこの写真集も羨ましくあり、また「もしこれが自分だったら?」という姿を想像して重ねるとワクワクするんじゃないでしょうか。
洋服ではなく、この写真集のようにエモーショナルに訴えかけてくるモノにお金を使う人が増えるのも納得。という出来栄えかと思います。
 
 
さらに、あれだけ「次は無い」と言っていた"Home is where you park it"も、数冊ですがまさかの同時最入荷。
 
f:id:hynm_hayakawa:20140519131730j:plain
 
血眼になって探していた方も、そうでない方も、コチラも併せて最寄りのフリークス ストアで是非どうぞ。
 
 
 
ではまた!